知的しょうがい者本人・家族と共に歩む

   一般社団法人 山形県手をつなぐ育成会
        〒990-0021 山形市小白川町2丁目3-31 山形県総合社会福祉センター3階
               TEL023-623-6572  FAX023-623-6571









   
 
訪問者数550825

問合せ先

山形県手をつなぐ育成会は、知的しょうがい者本人と家族を支援する会です。
お問い合わせは、「山形県手をつなぐ育成会事務局」へお願いします。
電話023-623-6572
FAX023-623-6571
メールアドレス y-ikuseikai@coda.ocn.ne.jp
 

私たちの願い

私たちの願い

一般社団法人
山形県手をつなぐ育成会

しょうがいがあっても地域で安心して暮らせる社会の実現が育成会全会員の願いです。
 

私たちの歩み

育成会の歩みは「こちら」をクリックして下さい。
 

会の名称について

山形県手をつなぐ育成会は設立当初(昭和35年)「山形県手をつなぐ親の会」で発足しました。       

昭和40年に社団法人化、昭和44年に施設経営のため社会福祉法人化を図り、平成19年には社会福祉法人山形県手をつなぐ育成会と改称いたしました。
平成22年、本人・家族のための啓発活動に重点を置く、親の会運動の原点に戻ることになり、施設経営(社会福祉法人)を分離して一般社団法人山形県手をつなぐ育成会となりました。       
 

CloudCore
 

お知らせ


2018/02/01

育成会会員の皆様へお知らせ。

Tweet ThisSend to Facebook | by:ikuseikai
全国手をつなぐ育成会連合会から、災害支援金からの見舞金配分基準について
通知がありましたのでお知らせします。
通知文原文のまま掲載します。
災害支援基金規程.pdf
災害支援義援金・災害支援活動資金規程.pdf
全育連発第17-183号

2018年1月30日

 

都道府県・政令指定都市育成会代表者 様 

 

全国手をつなぐ育成会連合会
会長   久保 厚
(公印省略)

 

  災害支援基金からの見舞金等配分基準について

  時下、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

  平素は、本会の運営にご支援ご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、国内における地震、風水害等の自然災害により、甚大な被害が発生した場合における
被災された育成会会員に対する災害見舞金および、被災地に対する支援活動に充てるため、
「災害支援基金規程」(別紙1)に基づき、賛助会費からの50円の寄附金等を主財源とする
災害支援基金として、
2017年4月1日から積み立てを行っているところです。

今般、この災害支援基金から支給する被災地への見舞金等について、積み立てられた基金の
状況にもよりますが、取り崩す場合のルールを明確化することとし、
2018116日開催の
3回役員会において、次のとおり配分基準を定めることとなりましたのでご承知いただきます
ようお願いいたします。

1 正会員育成会に支給する見舞金は5万円

2 甚大な被害を被った個人会員に支給する見舞金は1世帯1万円

3 正会員育成会が被災状況調査を行ったときは、20日を限度に1日

1万円を支給  

なお、国において激甚災害が指定された大規模な自然災害の場合は、「災害支援義

援金・災害支援活動資金規程」(別紙2)に基づき、義援金の募集を行うこととし、

この場合の配分基準は、義援金の入金状況、被災状況などを考慮して、被災地の正会

員育成会代表者と全国手をつなぐ育成会連合会三役(以下「三役」)の協議により決

定することとなります。

 また、激甚災害の直後に、正会員育成会に見舞金の支給が必要と三役が判断したときは、
緊急的に災害支援基金から支給するものとし、その支給額は三役の協議より決定いたします。

09:04 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)