知的しょうがい者本人・家族と共に歩む

   一般社団法人 山形県手をつなぐ育成会
        〒990-0021 山形市小白川町2丁目3-31 山形県総合社会福祉センター3階
               TEL023-623-6572  FAX023-623-6571









   
 
訪問者数562839

問合せ先

山形県手をつなぐ育成会は、知的しょうがい者本人と家族を支援する会です。
お問い合わせは、「山形県手をつなぐ育成会事務局」へお願いします。
電話023-623-6572
FAX023-623-6571
メールアドレス y-ikuseikai@coda.ocn.ne.jp
 

私たちの願い

私たちの願い

一般社団法人
山形県手をつなぐ育成会

しょうがいがあっても地域で安心して暮らせる社会の実現が育成会全会員の願いです。
 

私たちの歩み

育成会の歩みは「こちら」をクリックして下さい。
 

会の名称について

山形県手をつなぐ育成会は設立当初(昭和35年)「山形県手をつなぐ親の会」で発足しました。       

昭和40年に社団法人化、昭和44年に施設経営のため社会福祉法人化を図り、平成19年には社会福祉法人山形県手をつなぐ育成会と改称いたしました。
平成22年、本人・家族のための啓発活動に重点を置く、親の会運動の原点に戻ることになり、施設経営(社会福祉法人)を分離して一般社団法人山形県手をつなぐ育成会となりました。       
 

CloudCore
 

お知らせ


2018/03/22

機関紙「手をつなぐ」届いているでしょうか。

Tweet ThisSend to Facebook | by:ikuseikai
全国手をつなぐ育成会連合会の機関紙「手をつなぐ」平成30年3月号を19日(月)に郵送しました。
お手元に届いているでしょうか。
3月号の特集は、「大変なときをのりこえて」です、ピンチにどう向き合う?の問題に
各方面の方々の経験話を掲載しています。
今月の問題は、入所施設の建て替えを考える「本人の意思」を中心に置いた視点の必要性を取り上げています。
戦後の高度成長期に建てられた入所施設が、老巧化を受け建て替えの時期になっていますが、利用者本人の
意思がどこまで取り上げて建て替えに向かうのでしょうか、「本人の意思」が大切ですが?


09:37 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)